ストーリー

24時間テレビドラマ「虹色のチョーク」の道枝駿佑(大森広翔)のモデルは実在!どんな人物?

※アフィリエイト広告を利用しています

虹と人物

sponsored link

2023年の24時間テレビスペシャルドラマ「虹色のチョーク 知的障がい者と歩んだ町工場のキセキ」では、人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑さんが主人公・大森広翔役として出演することでも話題です!

「虹色のチョーク」は実話が元となっており、その主人公の大森広翔さんのモデルとなったのも実在の人物。

そこでこちらでは道枝駿佑さん演じる「虹色のチョーク」の主人公・大森広翔のモデルとなった人物の名前やどんな方なのか?を詳しくご紹介します!

24時間テレビドラマ「虹色のチョーク」の道枝駿佑(大森広翔)のモデルの名前

24時間テレビドラマ「虹色のチョーク」の道枝駿佑(大森広翔)のモデルとなった人物が誰なのか?まずは名前をご紹介します。

ドラマの舞台となるチョーク会社のモデルは、実在する会社である日本理化学工業株式会社です。

そして、このドラマの主人公である大森広翔のモデルとなったのが、日本理化学工業株式会社の現社長である大山隆久さんです。

ドラマlove子
ドラマlove子
現社長がどのような道をたどり現在の日本理化学工業に育てていったのか?も分かる物語となっていそうですね。

原作やあらすじについてさらに知りたい方はこちら!

24時間テレビドラマ「虹色のチョーク」の道枝駿佑(大森広翔)のモデルはどんな人物?

24時間テレビドラマ「虹色のチョーク」の道枝駿佑(大森広翔)のモデルである大山隆久社長はどんな人物なのでしょうか?

大山隆久社長は、「なりたい未来に向けて今をどう行動していくか」ということを大切にするとても前向きな考えや想いを持つ方です。

その考え方や姿勢が、ドラマ「虹色のチョーク知的障がい者と歩んだ町工場のキセキ」においても主人公のキャラクターに反映されています。

大山社長はこちらの動画にも出演されているのでぜひご覧ください!

 

そのお人柄もよく分かる動画ですよね♪

道枝くんと談笑しながら語るシーンが印象的です。

24時間テレビドラマ「虹色のチョーク」の道枝駿佑(大森広翔)のモデルとなる人物の名言

会社ホームページに載っている大山隆久社長の言葉は、その哲学や価値観をも示していて、「なりたい未来に向けて『今』にどう行動していくかがすべて」というところが特に印象的です!

このような大山社長の想いが、ドラマの主人公の大森広翔の心情や行動としても表現されて描かれているはずです。

⇒ 日本理化学工業の公式サイトはこちら

ドラマ原作について詳しく知りたい方はこちら!

虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡 (幻冬舎文庫)

虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡 (幻冬舎文庫)

小松成美
432円(02/21 02:48時点)
発売日: 2020/04/08
Amazonの情報を掲載しています

24時間テレビについての他の情報を知りたい方はこちら!

まとめ

ドラマ「虹色のチョーク」の主人公・大森広翔は、実在の人物である日本理化学工業株式会社の現社長・大山隆久さんがモデルとなっています。大山さんの前向きな思想や姿勢が、この物語に深く組み込まれており、視聴者に感動と希望をもたらしてくれることでしょう。

このドラマを通じて、なにわ男子の道枝駿佑さん演じる大森広翔の姿が、現実の大山隆久さんの人生と価値観と重なり合い、共感と感銘を呼び起こすことでしょう。

-ストーリー
-