出演者情報

富田望生(みう)の父親の事故と母親の職業!兄がいるの?家族とのエピソード

※アフィリエイト広告を利用しています

富田望生(みう)の父親の事故や母親の職業

sponsored link

さまざまな作品にひっぱりだこの名バイプレーヤー・富田望生(みう)さんは実は母子家庭で育ってきたことで有名です。

お父さんに一体何があったのか?その原因となった事故についてやお母さんの職業について、富田さんの家族や生い立ちについてご紹介します。

また兄弟がいるのか?など家族構成やエピソードを探ってみました。

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」やNHK連続テレビ小説「なつぞら」、「ブギウギ」など多くの映画やドラマに出演している富田さんはどんな環境で育ってきたのでしょうか?

富田望生(みう)の父親の事故と生い立ちについて

富田望生さんの父親は、サーフィンが趣味で湘南にいたのですが、福島県いわき市に引っ越しをしてきました。

そこで富田望生さんの母親と出会うこととなります。お父さんが25歳、お母さんが28歳の時のことです。

その後1999年に富田望生さんを授かっています。

富田望生(みう)の父親の事故や母親の職業

しかし、残念なことに、富田望生さんの父親は、富田望生さんが生まれるちょうど5ヶ月前のおそらく1999年の9月25日に事故で亡くなっています。

お父さんの月命日に生まれてきた望生さんはお顔も父親似で、インスタに18歳の頃のお父さんの写真を載せて「くりそつ」とコメントしていました。

そしてその後の2011年3月11日、富田望生さんが11歳の時に福島県いわき市で2人は『東日本大震災』で被災。

この大震災をきっかけに上京し東京に住むようになった富田さんは、オーディションを受け芸能界にデビューすることになります。

ずっと福島でピアノを習っていてピアノの先生になりたいという夢もあった富田さんですが、東京に来てからはその夢に対してやる気が起きず・・

そんな時に受けたのがテアトルアカデミーのオーディションだったそう!

アカデミーでは週1回のレッスンがあり、それがピアノの代わりとして富田さんの心の支えになっていたんだそうです。

その後「ソロモンの偽証」での女優デビューへとつながっていくわけですね。

富田望生(みう)の母親の職業

富田望生(みう)さんのお母さんは、富田さんの父親が亡くなった後、ずっと母一人で子育てをしています。

いわき市内のホテルにずっと勤めていたそうなのですが、2011年の大震災によって東京の同じグループのホテルに転勤となり、そこからは都内のホテルで働いているようです。

富田さんが女優として自立した今現在もそのホテルで勤続しているかは不明ですが、いわき市内にあるホテルで都内にも系列のホテルがある施設となるとかなり大手のホテルグループなのではないでしょうか。

富田さんのご両親についての物語を紹介していたテレビ番組によると、お母さんはそのホテルの支配人もされていたよう!

大手グループの支配人となると、とても優秀な方なのではないでしょうか。

富田望生(みう)には兄がいるの?

富田望生さんのお父さんが亡くなった後は、母一人子一人の母子家庭で育っており、お兄さんはいませんし、他の弟や姉妹もいません。

なのでずっと一人っ子だったということになります。

富田望生(みう)の父親の事故や母親の職業

ですが、なぜか富田さんにお兄さんがいると勘違いする方が多いようなのですが、これは富田さんと伊藤沙莉さんの2人がとてもよく似ているからそういった勘違いが起こっていることではないかと考えられます。

そういえば雰囲気やお顔立ち、名バイプレーヤーであるところなどがそっくりですよね。

そして伊藤沙莉さんのお兄さんがお笑い芸人のオズワルドの伊藤さんなので、富田望生さんにお兄さんがいると勘違いする方が多いのではないでしょうか!

富田望生(みう)の家族とのエピソード

壮絶な人生を2人でずっと歩んできたからこそ、富田望生さんはお母さんのことが大好きなようです。

2020年の自身の成人の日には振袖姿で情報番組「ヒルナンデス」に出演し、“母と2人頑張ってきた”とコメントしていました。

番組ではお母さんからのお手紙も紹介され、それを見た視聴者の中には涙する方もたくさん。

お手紙には次のことが書かれていました

  • 望生さんが生まれた2000年2月25日はパパが亡くなって5カ月目の月命日だったこと
  • 望生さんはパパにそっくりであること
  • 望生さんに会えたことがお母さんの人生一の喜びであること
  • 小さい頃の望生さんはピアノが上手だったこと
  • ピアノの発表会での可愛い思い出
  • 望生さんに生きることを楽しんで欲しいと願っていること

そして、望生さんの名前の由来である「望んで生きる」という文字も。

望生さんが愛情たっぷりにお母さんに育ててもらったのだということが伝わってくるお手紙でした。

ドラマの他の情報もチェック!

まとめ

富田望生さんの父親は、望生さんが生まれるちょうど5ヶ月前に事故で亡くなっていました。

なので富田望生(みう)さんのお母さんは、ずっと母一人で子育てをしてきました。

お母さんはいわき市内のホテルにずっと勤めていたそう。

2011年の大震災によってホテルも被害にあり、東京の同じグループのホテルに転勤となり、そこからは都内のホテルで働いています。

富田望生さんのお父さんが亡くなった後は、母一人子一人の母子家庭で育っており、お兄さんはいませんでした。

-出演者情報
-