ストーリー

ドラマ「VIVANT」(ヴィヴァン)は実話なの?モデルや元ネタはあるの?謎に迫る!

※アフィリエイト広告を利用しています

実話やモデル

sponsored link

ドラマ「VIVANT」(ヴィヴァン)はかなり豪華な演技力の高いキャスト陣で、そして視聴者を引き込む緻密で壮大なストーリーです!

いったいこのドラマ「VIVANT」は実話なのか?元ネタはあるのか?気になります。

第1話から白熱した縁起の魅力的な登場人物に引き込まれますよね。

このドラマが実話に基づいているのか、または元ネタがあるのか​​探っていきます!

「VIVANT」(ヴィヴァン)は実話?

TBS日曜劇場『VIVANT』は、あらすじや役柄が一切発表されないことで話題です。「VIVANT」(ヴィヴァン)は実話なのでしょうか?

こちらについては残念ながら、「VIVANT」は完全なフィクションであり、実話に基づいているわけではないようです。

つまり作家や脚本家によって生み出された物語ということですね。

でも!ドラマのテーマやキャラクターのいくつかは、実際の出来事や現実の人物からインスピレーションを受けているのではないでしょうか!

特に第1話では「誤送金」からストーリーが始まっていますが、あのニュースにもなった「誤送金」の話もチラッと出てきていましたよね。

その辺りも脚本家さんはインスピレーションを受けているのかもしれません。

VIVANT前半をノベライズでチェック!

日曜劇場 VIVANT(上) (扶桑社文庫)

日曜劇場 VIVANT(上) (扶桑社文庫)

福澤 克雄
1,100円(02/21 14:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

「VIVANT」(ヴィヴァン)の元ネタはあるの?

「VIVANT」(ヴィヴァン)の元ネタがあるのかどうか?も気になりますよね。

バルカ共和国のモデルは?

まず「バルカ共和国」というのは実在しない国となっています。

ただロケ地はモンゴルです。

なのでバルカ共和国のモデルはモンゴルの可能性が高いですね。

ただ、あんなに物騒なのかは事実とは異なりそうです。

大草原を馬で走るシーンや、ゲルでのシーンはまさにモンゴルそのものでしたよね!

丸菱商事のモデルは?

TBS日曜劇場『VIVANT』の会社・丸菱商事のモデルは「三菱商事」だと推測されています!

ただ、実話ではないので、実際に三菱商事が誤送金を起こして何か事件に発展したわけではないと考えられます。

ですが、ドラマに登場した丸菱商事のロゴなども三菱商事のロゴを連想させるものでした。

「日本の大手トップの会社」というイメージが三菱商事にはあるので、そこがドラマの中でのモデルとなっているのではないでしょうか!

壮大な設定やストーリーに、今後が楽しみです(*^^*)!!

ストーリーのモデルは?

「VIVANT」のストーリーは、「バルカ共和国」という架空の国や架空のキャラクターを中心に展開されています。

登場人物の人間関係や主人公が直面する問題にはモデルがあったのか、は今のところ明らかにはなっていません。

もしかしたら…表には出てきていないだけで、裏の世界ではドラマのような物語や事件があったのかもしれません?!

そう、つい考えてしまうほど、ドラマの設定がしっかりしています。

まとめ

ドラマ「VIVANT」は、フィクションの物語であり、実話に基づいているわけではありませんでした。

ただし、作中のテーマやキャラクターは、現実の出来事や人物からインスピレーションを得ている可能性はあります。

ドラマはリアリティを持っていてたくさんの視聴者を魅了していますよね。

実話に基づく作品であるかどうかはさておき、ドラマ「VIVANT」の今後の展開が楽しみです!!

-ストーリー
-