ストーリー

映画「もっと超越した所へ」には主演のキスシーンはある?年齢制限は何歳から?

※アフィリエイト広告を利用しています

映画「もっと超越した所へ」のキスシーン

sponsored link

映画「もっと超越した所へ」は、2022年10月14日公開予定、ダメ男を引き寄せる4人の女性の恋愛模様を描いたストーリーです。

主演を務めるのは元AKBの前田敦子さんで、その相手役をSexy Zoneの菊池風磨さんが務めます。

新進気鋭の劇作家・根本宗子さんの舞台を映画化していて、内容も面白そうですね。

ドラマlove子
ドラマlove子
ここでは映画「もっと超越した所へ」に主演のキスシーンがあるのか、年齢制限が何歳から視聴可能かについて紹介していきます。

映画「もっと超越した所へ」の菊池風磨と前田敦子のキスシーンはある?

映画「もっと超越した所へ」の菊池風磨と前田敦子のキスシーンがあるかも気になりますよね…。

キスシーンはある?

映画の予告では、予告では「ちょっと横になる?」と怜人(菊池風磨)が真知子(前田敦子)を誘うようなシーンがありました。

今回の菊池風磨の役柄は、バンドマン志望でライブ配信の投げ銭で生計を立てている、ほとんどヒモ状態の男。

甘え上手な男性のようですね。

大人同士の恋愛を取り上げていますし、恋人が部屋でむつまじく過ごす様子は間違いなく描かれていますので、スシーンもあるでしょう。

菊池風磨さんのファンの方で、キスシーンの有無が気になっている方もいるかもしれませんが、あると思って観に行ったほうがよさそうです。

ドラマlove子
ドラマlove子
観に行くと辛くなるかも…というファンの方は、公開後のレビューなどを待ってから観に行くことをおすすめします。

ベッドシーンはある?

この映画はR15では無いので、生々しいベッドシーンはありません

しかしそういった関係である、そういったことがあったと想起させる演出はあります。

映画の予告では、裸の怜人(菊池風磨)と下着姿の真知子(前田敦子)が話しているシーンがありました。

映画全体としては恋人同士がいちゃいちゃするシーンよりも、女性たちがクズ男たちに負の感情を爆発させるシーンが多そうでした。

予告では、「泣いてないで早く出て行って!」と大声で言い放つシーンもありましたね。

女性側が男性への不満や思いのたけを叫んでいるカットも多くありました。

ドラマlove子
ドラマlove子
恋人として幸せに過ごすシーンは映画のメインでは無いので、いちゃいちゃしている描写は短いのではないでしょうか。

何回くらいありそう?

真知子(前田敦子)と怜人(菊池風磨)だけでは無く、他に3組の男女が出てきます。

元子役タレントの鈴(趣里)はあざとく可愛い系のお坊ちゃま・富(千葉雄大)と。

金髪のギャル・美和(伊藤万理華)は、フリーター・泰造(オカモトレイジ)と。

シングルマザーの風俗嬢・七瀬(黒川芽以)は、落ちぶれた俳優・慎太郎(三浦貴大)と付き合っています。

予告を見ると、風俗嬢の七瀬の元へ客として慎太郎が来ている場面がありました。

ベッドシーンとまではいかずとも、そういった場面を想起させますね。

また他の2組も、予告で部屋で一緒に仲睦まじく過ごすシーンがありました。

ドラマlove子
ドラマlove子
幸せな恋人としての時間を描写するシーンは、少なくともそれぞれにあります。

気になる方は小説で先取りを!!

映画「もっと超越した所へ」の年齢制限

そもそも映画「もっと超越した所へ」の年齢制限はあるのでしょうか?

何歳から?

こちらの映画はPG12指定です。

PG12とは、12歳未満の方は保護者の助言・指導が必要な映画だということです。

ですので、保護者の助言・指導があるのであればどの年齢でも視聴可能です。

大ヒットした「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」も、映画「もっと超越したところへ」と同じPG12指定となっていますが、多くの12歳未満の子供が視聴しています。

一方、日本の映画規制は海外よりもかなり緩い傾向にあります。

ジブリ映画の「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」は、海外では年齢規制の対象になっています。

海外では少しでも血が出る描写や、おどろおどろしい雰囲気があると規制されるようです。

ドラマlove子
ドラマlove子
あくまでPG12は目安として、親が判断する必要がありますね。

小学生でも見れる?

今回の映画「もっと超越したところへ」は、PG12になっています。

あくまでPG12なので直接的なシーンは無いでしょうが、それを想起させるようなシーンは出てくるということですね。

そもそも登場人物に風俗嬢が出てきます

果たして小学生が観るにふさわしいのでしょうか…。

一例ですが、今年公開された阿部サダオ主演の映画「死刑にいたる病」は同じくPG12でした。

しかし傷つけるシーンなどがかなりきつく、観に行った人は「これがPG12?R15では?」と感じたそうです。

先述した通り日本の映画規制はゆるいです。

観せたことを後悔しないように注意が必要です。

ドラマlove子
ドラマlove子
PG12を鵜呑みにせず、しっかり親が判断してあげる必要があります。

小説で前もってチェックしておくと安心!

まとめ

映画「もっと超越した所へ」は、2022年10月14日公開予定、ダメ男を引き寄せる4人の女性の恋愛模様を描いたストーリーです。

主演の前田敦子と菊池風磨のキスシーンはおそらくあるでしょう。

ベッドシーンの有無は不明ですが、それを想起させるような場面はあります。

PG12なので年齢制限はありませんが、12歳未満が視聴する場合は親の判断が必要です。

直接的では無いにしろ性的なシーンが予測されますので、小学生が視聴する場合は注意が必要です。

-ストーリー