ロケ

朝ドラ「あんぱん」の舞台はどこ?ロケ地撮影場所・ゆかりの地は?

※アフィリエイト広告を利用しています

朝ドラ「あんぱん」の舞台はどこ?ロケ地撮影場所は?

sponsored link

2025年の春から放送予定の朝ドラ「あんぱん」は漫画家・やなせたかしさんと妻の小松暢さんをモデルにした作品です。

その舞台はどこなのでしょうか?ロケ地や撮影場所など探ってみました。

戦前から戦後に至る激動の時代を生きたやなせさんと小松暢さんはどこで生まれ育ち、また、暮らしていたのでしょうか?

その背景に迫ります。

朝ドラ「あんぱん」の舞台はどこ?

朝ドラ「あんぱん」の第一の舞台は、主人公であるやなせたかしさんと小松暢さんの生まれ育った土地ということになります。

やなせたかしさんと小松暢さんの2人のゆかりの地は高知県です。

やなせたかしさんは高知県で幼少期を過ごし、高知新聞入社後は『月間高知』の編集部で働くようになりのちの妻となる小松暢さんと出会います。

よって舞台は高知県からスタートするはずです。

高知新聞の本社は、高知県高知市本町にあります。

そして、その後2人は上京し、やなせさんは漫画家を目指すことになるので、第二の舞台は東京となるかと思われます。

やなせたかしさんは亡くなるまで新宿区でくらしていたので、新宿の街が出てくるのではないでしょうか。

自宅兼アトリエが新宿区片町にありました。

朝ドラ「あんぱん」のロケ地撮影場所は?ゆかりの地を紹介

撮影は2024年の秋から撮影が始まるようです。

高知

なので撮影場所はまだ不明ですが、ゆかりの地である高知県香美市香北町南国市が、ロケ地となっていくのではないかと思われます。

香北町には”やなせたかし朴ノ木公園”があります。

 

ここはやなせさんの実家跡地となり、そしてご夫婦が眠る墓地公園です。

風景撮影などで撮影協力されるのではないでしょうか。

とてもきれいな整備された公園で、やなせたかしさんの優しい人柄が表れている作りとなっています。

また、香北町にはアンパンマンミュージアム(香美市立やなせたかし記念館)もあります。

 

神戸や横浜のアンパンマンミュージアムとは違って高知のアンパンマンミュージアムはやなせたかしさんの記念館となっているので、アンパンマンショーはありません。

こぢんまりしていますが展示物が多く大人もじっくりと楽しむことができます。

「ジャイアントだだんだん」の巨大な像もそびえていて、そちらを目的に訪れる子連れの方も多いようです。

東京

また上京してから、漫画家を志した やなせたかしさんですが、漫画家一本ではなく兼業漫画家だったので、少しの間ですが三越に入社して宣伝部のグラフィックデザイナーもしていました。

そこで三越の包装紙だった「華ひらく」の「mitsukoshi」の文字をデザインしたのが やなせたかしさんというのは有名な話です。

なので、日本橋の三越が登場する可能性もあります!

また、やなせさんはNHKの「まんが学校」にレギュラー出演していた時期もあります。

渋谷のNHKのスタジオなども登場するかもしれませんね。

そして注目ポイントとしては、やなせさんが永六輔さんや手塚治虫さんと交流があったことです。

2人はどのように朝ドラ「あんぱん」に登場するのか?にも注目です。

ドラマの他の情報もチェック!

まとめ

朝ドラ「あんぱん」の第一の舞台は、主人公であるやなせたかしさんの生まれ育った高知県となります。

やなせたかしさんは高知新聞で働いており、新聞社も舞台となります。

そして、その後やなせたかしさんと小松暢さんの2人は上京し結婚します。

なので第二の舞台は東京となりそうです。

やなせたかしさんは亡くなるまで新宿区でくらしていたので、新宿の街が出てくる可能性が高いです。

まだ撮影場所はまだ不明ですが、ゆかりの地である高知県香美市香北町や南国市が、ロケ地となっていくのではないでしょうか。

また上京してから、やなせたかしさんは少しの間、三越に入社して宣伝部のグラフィックデザイナーもしていたので、三越が登場する可能性も!

やなせさんはNHKの「まんが学校」にレギュラー出演していた時期もあるので、渋谷のあたりも出てくるかもしれません。

-ロケ
-