ストーリー

「どうする家康」 はつまらなくてこけそう?批判の理由や評判をチェック

「どうする家康」への声

sponsored link

大河ドラマ「どうする家康」 はつまらなくてこけそうという声もあるようです。

本当にこけそうなほどつまらないのでしょうか?

どこからそんな声が上がってしまっているのか?

ドラマlove子
「どうする家康」への批判の理由や評判をチェックしていきます!

「どうする家康」 はつまらなくてこけそう?

まず私個人としては大河ドラマが好きなので面白そうだなと思っています!

どうしてそう感じるかと言うと、徳川家康は日本の歴史の中で欠かすことはできない人物であり、数々の困難に立ち向かい、幾度となく選択を迫られていた人物なので「どうする家康」というタイトルがよく当てはまっていると感じたからです。

また、脚本を手掛けられている古沢良太さんの作品は見たことのある作品が多く、シリーズ物の作品にしても一話完結作品にしても、多くの作品がコメディーと謎解きが合わさっているという印象が強いです。

そんな古沢良太さんが書かれる大河ドラマはどのようになるのか、出演される俳優・女優の方々がどのように演じられるのか。今から楽しみです!

なので、「つまらない」というのは、まずありえないと考えられます。

ですが「こける」かどうかは、予想がつかないところではあります。

そして前評判がすごく良くても成功しなかった作品も過去にはあるので、そのようになってしまわないか?ドキドキしながら放送を待つしかありませんね。

「どうする家康」に対する評判や批判されている理由は?

放送が来年2023年からということで実際の映像を見た評判はまだありませんが、「期待している。」という声はかなり多くみうけられました!

理由としては、主人公の徳川家康を演じる「松本潤」さんがこの作品を撮るにあたり少しずつ番宣も始まっていおりそれが評判になっているからです。

例えば、NHKBSプレミアム「どうする松本潤?徳川家康の大冒険」という番組が2回にわたって放送されていたり、NHK名古屋放送局の「東海ドまんなか!」では「来年の大河ドラマ”どうする家康”愛知でクランクイン!SP」が放送されています。

また舞台の中心となる愛知県岡崎市や、静岡県静岡市、浜松市でも撮影に合わせて期間限定の大河ドラマ館になるなど地域が一丸となって盛り上がっているので、放送前ではありますが「どうする家康」はかなり好評だと言えます!

ドラマlove子
ドラマを早く見たいですね!

まとめ

大河ドラマ「どうする家康」 はつまらなくてこけそうという声もあるようですが、脚本家の方から考えると、つまらないというのはあり得ないのではないかと考えられます。

なぜそんな声が上がっているのか?考えてみると、タイトル「どうする家康」やそのロゴから受ける印象からのようです。

ただそのような批判が出るのは注目されているからこそですよね!

放送開始が待ち遠しいです。

-ストーリー
-