ストーリー

朝ドラ「虎に翼」の明津大学のモデルは明治大学?どこで撮影したの?

※アフィリエイト広告を利用しています

朝ドラ「虎に翼」で寅子が入学する法律学校「明津大学」のモデル

sponsored link

朝ドラ「虎に翼」では主人公寅子が法律学校に入学し、日本初の女性法律家の1人として活躍する様子を描いていきます。

主人公寅子が入学した法律学校にはモデルとなった学校があるのでしょうか?それはどこの学校なのでしょうか?

今回の朝ドラ「虎に翼」の寅子は実際実在した女性をモデルにしています。

なので「虎に翼」は実話が元になった物語!いったい寅子の入学する法律学校のモデルはどこの学校なのか?ご紹介します。

朝ドラ「虎に翼」の明津大学のモデルは明治大学?

朝ドラ「虎に翼」で寅子(ともこ)が入学する法律学校は「明津大学」です。

そして皆さんの予想通り、「明津大学」のモデルは「明治大学」です。

主人公・寅子のモデルとなっている三淵嘉子さんが実際に通っていたのが明治大学でした。

名前ももじってあるので、聞くと「なるほど!」となりますよね。

モデルとなった三淵嘉子さんは、

  • 東京女子高等師範学校附属高等女子学校
  • 明治大学専門学校女子部
  • 明治大学法学部

に通われています。

当時の時代背景を考えると、女性でここまでの学歴を持つことはかなり珍しいこと。

ドラマlove子
ドラマlove子
三淵嘉子さんとても優秀な女性だったことがこれだけでもわかりますよね。

「虎に翼」も社会の矛盾や不平等と格闘しながら、希望をもって人生を切り開く寅子や女性が多く活躍するストーリーになりそうです。

朝ドラ「虎に翼」の明津大学のロケ地撮影場所はどこ?

朝ドラ「虎に翼」で登場する明津大学は「明治大学」がモデルとなっていますが、ドラマは昭和のお話です。

現在の明治大学で撮影するわけにはいきません。

では、明津大学のロケ地や撮影はいったいどこで行っているのでしょうか?

実は主人公「猪爪寅子」を演じる伊藤沙莉さんは、すでに2023年9月にクランクインしており、茨城県つくばみらい市に作られたオープンセットで明津大学のシーンを撮影しているということが公式サイトに書かれていました!

なので茨城県つくばみらい市のオープンセットは昭和当時の明治大学を再現したセットになっているのかもしれません。

ドラマlove子
ドラマlove子
いえ、大学だけでなく街の様子も全て大きなオープンセットで再現されているのかもしれませんね!

まとめ

朝ドラ「虎に翼」で寅子が入学する法律学校の「明津大学」は、「明治大学」がモデルとなっています。

明津大学のロケや撮影は明治大学ではなく、茨城県つくばみらい市に作られた大きなオープンセットで行われているのだそう!

-ストーリー
-